プリモ・シルヴェストリ(1871.5.7-1960.2.6)
Primo Silvestri

プリモ・シルヴェストリはイタリアのモデナ生まれの作曲家。14歳の時にギターを始め、続いてマンドリンを習い、大いなる愛着を持つ。後にピアノ、音楽理論を学び、モデナの吹奏楽団指揮者に任命され、その後モデナ・マンドリン合奏団を創設した。生涯約40曲のマンドリン作品を発表している。

静けき夜(瞑想曲)(1930)
Notte serena, contemplazione

本曲は郷愁をそそる9小節のマンドリンソロのカデンツァに始まり、次第に楽器を加えて静かな夜の情緒を美しく描写している。最後もマンドリンソロで幕を閉じる瞑想曲。

Copyright(C) Orchestra “Plettro”